生活の知恵

オリンピックとワクチン、日本のおかしな全体主義

オリンピックとワクチン

3度目の緊急事態宣言が出てから二度も延長され、いまだ解除できない日が続いています。

もう何が緊急事態なのか意味不明ですが、相変わらずテレビをつけるとコロナのニュースばかりでうんざりしてきます。

日本は感染者数も死者数も欧米より数十倍少ないのに、「医療がひっ迫するぞ!」「飲食店は営業するな!」「いつでもマスクしろ!」と同じことの繰り返し。

バカを通り越してあきれ返ってしまいます。

 

僕はコロナが始まった当初から、「コロナは怖くない」と言い続けてきました。

コロナは全然怖くないし、「過度な自粛をやめるべし」「もっと緩んだ方がいい」というスタンスを貫き通しています。

 

↓4月の最初の緊急事態宣言のころ

新型コロナ
コロナ騒動は「ウイルスの感染」ではなく「不安の感染」だと思う

新型コロナウイルスの騒動が収まる気配を見せませんよね。 緊急事態宣言で外出ができない中、テレビもネットもコロナ一色でうんざりした気持ちになってきます。 毎日コロナのニュースに触れているわけですが、いろ ...

続きを見る

↓夏の第2波のころ

コロナ
コロナは恐怖のウイルスではない 人間が生み出した壮大な茶番劇

8月に入り、お盆になっても相変わらず世間は「コロナ、コロナ」の一色ですよね。 正直なところ、このクソ暑い中でみんながマスクしてるのを見ると、「みんな頭がおかしくなってしまったんじゃないかな?」とさえ思 ...

続きを見る

↓年末年始の第3波のころ

コロナに慣れる
コロナには慣れてもいい「命より大事なものがある」

今年も残すところあとわずかですが、今年は本当にコロナで1年が過ぎてしまいましたよね。 最近はまた感染者が増えてきて、「第3波だー!」「自粛しろー!」という声が大きくなってきました。 欧米と比べると感染 ...

続きを見る

書いた記事を要約するとこんな感じです。

ポイント

  • コロナは不安が感染してパニックになっているだけ
  • 弱毒なウイルスを大ごとに扱ったから社会が対応できなくなった
  • 過剰な対策が医療資源を圧迫して医療崩壊につながる
  • PCR検査で陽性者をほじくり出しても意味がない
  • マスコミに不安を煽られた大衆が余計に社会を悪くしてる
  • 指定感染症から外して「不安を感じない方向」に舵を切るべき
  • 人生に「不要不急」のイベントなんてない
  • 緩んでコロナに慣れていくしか方法はない

年末に書いたときには「もうコロナについて書くことはないだろう」と思っていたのですが、年が明けても、春が来て夏が来てもいまだ変わらない有様…。

これだけ自粛が長引くと、さすがにいら立つ人も増えてきたようで、僕と同じような意見も目にするようになってきました。

サンデー
もう我慢の限界、という声が多いよね

しかし「自粛でコロナを抑え込め」という人たちがまだまだ多数派を占めているため、「コロナは怖くない」と言うとすぐに「気が緩んでいる」と刺されてしまいます。

いら立つ人の怒りの矛先はオリンピックに向いてますが、オリンピック中止を迫るとむしろ事態は悪化すると思うんですよね。

オリンピックをやめると、ますます自粛生活が長くなります。

自分たちの怒りを発散するための行動が、ますます自分たちを苦しめるハメになるのは、今まで緊急事態宣言が発出されてきた構造と同じ。

 

もうさすがにコロナについて書くことはないと思ってたのですが、オリンピックやワクチンについてはまた言いたいことが出てきました。

オリンピックとワクチンについて考えると、日本の全体主義に潜む危うさが見えてくるのです。

現時点での僕のコロナに対する考え方を書いていきます。

スポンサーリンク

 

 

日本のコロナはまさに「さざ波」

東京オリンピックまで2ヶ月を切り、もう完全に開催する方向で話は進んでるようですね。

僕はオリンピックはできるだろうし、やった方がいいと思います。

オリンピックで感染爆発なんて起こるわけがない。

高橋洋一が日本の感染状況を「さざ波」と言いましたが、ほんとにさざ波なんだから。

グラフを見れば、日本では「コロナはまったく流行ってない」というのは明らかです。

さざ波

人口100万人当たりのコロナ陽性者数ですが、ご覧のように日本は地を這っていますw

マスコミは「さざ波」発言だけを切り取って、一緒に投稿されたこのグラフを見せないんだから、悪意があるとしか思えません。

 

そもそも、この1年で知人がコロナにかかった人がいましたか?

それよりも「病気で入院した」「癌で亡くなった」「交通事故にあった」って話の方がよっぽど聞いたはずです。

日常に怖いものはこれだけあるんですよ。それを怖がらずコロナだけを恐れるのはおかしいでしょ。

日本の死亡理由別年間死者数

  • 癌など・・・約34万人
  • 心筋梗塞など・・・約18万人
  • 肺炎・・・約11万人
  • 交通事故・・・約4,200人
  • コロナ・・・約4,300人

参考:死因順位別にみた年齢階級・性別死亡数・死亡率・構成割合 | 厚生労働省

それにコロナの死者って、PCRで陽性なら他の死因でも「コロナによる死亡」にカウントされますからね。

こんな確率の低いことにおびえるなんて、どれだけ臆病なんだよ日本人。世界から見たら笑いのネタですよ。

 

ま、僕自信はオリンピックなんてどーーーでもいいんです。

というのも、僕は普段からオリンピックもワールドカップもほとんど見ないんですね。興味がない。

僕は小さい頃から運動神経が鈍くてスポーツが苦手だったので、スポーツはするのも見るのも嫌いでした。

スポーツで負けてばかりだった僕は、スポーツで勝つことに全く価値を見出せなかったんです。

「みんなよく他人の勝ち負けに夢中になれるなぁ、自分が勝ったわけでもないのに」と冷めた目で見てました。

 

だから日本中が「応援しないやつは非国民」みたいな空気になるオリンピックやワールドカップの期間は、いつも憂鬱なんです。

職場での話題がオリンピック一色になり、「オリンピックだから早く帰ってもOK」みたいな空気になるのがホントにイヤ。

オリンピックの招致が決まって日本中が歓喜していた2013年、僕は「あー、いやだな…」と思ってました。

オリンピックが中止になったら、僕は心の中で「やったー!」と叫ぶと思います(笑)。

 

それでもオリンピックをやった方がいい理由

それでも僕は、オリンピックは開催した方がいいと思います。

なぜなら、世間の空気がガラリと変わるからです。

結局、空気を作ってるのはテレビでありマスコミです。

はっきり言って、マスコミが報道しなくなったらコロナ禍は終わります。

去年もマスコミのコロナ報道が少なくなったときは「もう大丈夫かな」という空気になってたじゃないですか。

たとえば安倍首相が辞めたときやアメリカ大統領選のときは、コロナ報道の時間が短くなって、世間にもなんとなく大丈夫な雰囲気が流れていました。

憶えていませんか? あ、もう忘れた?

 

つまり、報道されなくなればコロナの不安は消えるのです。

コロナの死者は2020年の1年間で約4,300人ですが、インフルエンザでは毎年1万人が亡くなっています。

インフルエンザでもたくさんの人が亡くなってるのに、報道されないから意識しないだけで、コロナと何の変わりもないのです。

だからオリンピックが始まって、ニュースがオリンピックの話題ばかりになったら、みんなコロナのことなんて忘れていくでしょう。

それこそ「応援しなきゃ非国民」みたいな空気に飲み込まれていく。

僕はそんなオリンピックの空気が大嫌いなのですが・・・。

 

もちろんね、オリンピック最優先で国民に我慢を強いる政府の姿勢には怒りがこみ上げます。

「国民に自粛を強いるならオリンピックも中止しろ!」という気持ちも分かります。

でも僕ならこう言います。

「オリンピックをするならすべての規制を取り払え!」と。

子供たちにマスクをさせるな。自由に部活動をさせろ。

飲食や会食は自由にすべし。感染対策も気にする人だけやればいいし、基本的に個人の自由。

オリンピックが大事なら、我々の日常のイベントや思い出作りだって大事だ。

選手がオリンピックのために生きているように、僕たちも日常生活のために生きているのだから。

 

ところがこう言うと、「オリンピックを中止しろ」と言ってる人から「緩んでいる!」「こういう人たちが感染をまき散らすんだ!」と叩かれるのです。

はぁぁ??

おかしいのは、その「コロナが怖い」という「意識」の方でしょう。

無症状者がウイルスを運ぶのはインフルエンザや肺炎球菌でも同じだし、人は知らぬ間にウイルスをうつしあってるものです。

このあたりは、これまでのブログでさんざん書いてきたので見てください。

結局、自分たちを縛ってるのは自分たち自身なのです。

「コロナは怖い」という意識をいつまでも持ってるから、いつまでもコロナ禍が終わらないのです。

スポンサーリンク

 

全員が一方向に突き進む日本人たち

それにしても「オリンピックを中止しろ」と言ってるマスコミやコメンテーターは、いったいどの面下げてオリンピックを見るのでしょうか。

日本人が金メダル取っても絶対喜ばないでくださいね。

国民も絶対に盛り上がらないでください。オリンピックの話は一切しないでください。そもそも見ないでください。

「中止しろ」と言ってたのなら、そこまで筋を通してほしい。

文句だけ言って始まったら熱狂するなんてバカの極みです。どんだけ反応的に生きてんだか。

あ、僕は見ませんよ。今までも見てませんでしたから(笑)。

 

このコロナ禍を見ていると、必ずと言っていいほど何かがやり玉にあがっています。

パチンコ屋に始まり、歌舞伎町のホスト、GoToトラベル、酒、会食、路上飲み、そしてオリンピック。

誰かが叩くと一斉に叩き始める。

でも、このどれにも大規模なクラスターは起こってないのです(クラスターの大半は病院と高齢者施設です)。

もうこの、全員が一方向にダーッと流れる日本人の性質にはほとほとうんざりします。

すぐに影響を受けて流される。みんなが叩くから私も叩く。

どんだけ主体性がないんだよ!!!!

 

マスクを外したければ外せばいい

この日本人の一方向に流れる性質が顕著に表れてるのがマスクです。

街を歩いていても、99%マスクをしてる人ばかりになってしまいました。

でもみんなやりたくないでしょ?

このクソ暑い中、よくつけてられますよね。

ちなみに年間の熱中症の死者は約1,200人で、コロナよりも身近なのですが、そんなデータも無視して「みんながつけてるからつける」というのはもはや狂気です。

マスクは人に感染させないための「手段」でしかないのに、マスクをつけることが「目的」になってしまってる。

 

こういうのを「手段の目的化」と言います。

「手段の目的化」は日常のあらゆる場面で起こります。

無意味な朝礼、無意味な業務日誌。何のためにやってるのか分からないことって、いっぱいありますよね。

「朝礼をすること」「業務日誌をつけること」が目的になってしまったいい例です。

 

僕も一応、店に入るときや電車に乗るときはマスクをしていますよ。

それは店側が決めたルールなので、従わないとしかたないから。

でも、外を歩くときは極力マスクを外しています。

だって、道ですれ違っただけで感染するわけないじゃないですか。

顔を近づけてクシャミしたら感染するかもしれませんが、赤の他人にクシャミを吹きかけるシチュエーションなんてあるわけないw

そういう「普通に考えれば分かること」すら判断できなくさせるのが、この「マスク全体主義」です。

外したければ外せばいいのに。

 

僕は外を歩いてるときに自らマスクを外すことで、マスクを外しても構わないという空気を作りたいと思っています。

少しでもその空気づくりに貢献したい。これは社会貢献です。

そうしなければ、同調圧力に抗えない子供たちが可哀そうすぎる。

僕は小さな子供たちがマスクをしてるのを見ると、不憫でしかたありません。

子供にマスクをさせてる親はもはや虐待です。

10代以下は感染率も低いし、ほとんどが軽症・無症状で終わります。それに死亡者は0。だーれも死んでません。みんな回復しています。

年齢別のコロナ陽性者数

ポイント

■10歳未満の陽性者数

  • 死亡者:0名
  • 重症者:0名
  • 要治療:1,926名
  • 回復済:22,397名

■10代の陽性者数

  • 死亡者:0名
  • 重症者:0名
  • 要治療:4,018名
  • 回復済:50,611名

参考:新型コロナウイルス 国内感染の状況(2021年6月2日現在)

「変異株は子供にも感染する」「若者も重症化する」とマスコミが煽っていますが、そもそも重症化する母数自体が少ないのですから。

1名が2倍になっても2名にしかなりません。数名の重症者を取り上げて「重症率が○倍」と言っても、それは数字のトリックです。

マスクをしないことで本当に危険になるのか、冷静に考えてみなさいよ。

こんなことも分からない親は、子供の命よりも世間体の方が大事なんでしょう。

 

ワクチンを打っても根本的には変わらない

ワクチンについてもいろいろ言いたいことがあるので言っておきます。すみません、長くて。

ワクチンの接種が始まって、事態は大きく改善されることが期待されています。

実際、欧米では感染者も死亡者も激減してますし(それでも日本より多いのですが)、ひとまずこれでコロナ禍は終わるのでしょう。

でも根本的には、コロナ禍の最中となーーーんにも変わりはないと思うのです。

 

ワクチンを打っても感染の山は繰り返すものです。

インフルエンザだって、毎年冬になれば流行の波がやってきます。

コロナのワクチンも最初は集団免疫になるだろうけど、効果がいつまで持続するかは分かりません。

そしてワクチンを打たない人も一定数いるから、一定数は感染者が必ず出ます。

それをマスコミが「第5波だ」「第6波だ」と取り上げると、またコロナ禍に逆戻りしてしまうのです。

 

ワクチンでウイルスがなくなるわけではありません。

人類の歴史の中で根絶できたウイルスは天然痘の1種類のみで、人類はウイルスと共生するしか道はないんです。

実際、1918~20年に世界で2000万人以上の死者を出したスペイン風邪は、今ではただの季節性インフルエンザになっています。

2009年に関西で発見された新型インフルエンザも、季節性インフルエンザとして毎年猛威をふるっています。

でも、報道されないから誰も意識することはありません。

結局、ウイルスがあるかどうかではなく「人が意識するかどうか」なんですよ。

マスコミが報道をやめたらウイルスはなくなるし、報道をするとウイルスは出てくる。

だからワクチンを打とうが打つまいが、根本的には何も変わらないのです。

 

ワクチン接種にも「多様な価値観」がある

それにしてもこんな「さざ波」の感染者数で「ワクチンが遅い!」って言ってる日本人って、何なんでしょうね。

他の国は日本の何十倍も被害を受けてるのに「ワクチンよこせ」と言ってる日本人には、醜悪さすら感じてしまいます。

そもそもワクチンってそんなに打ちたいですか?

僕は打ちたくありません。

副反応が怖いというのじゃないですよ。アナフィラキシーとか、そんなのはどのワクチンにも起こることですから。

 

それよりも、このコロナワクチンがmRNA(メッセンジャーRNA)という世界で初めて使われる技術だというところです。

mRNAワクチンは理論的には安全と言われています。

 

理論的には

理論的には

 

理論的には

↑ここ注目

 

でも理論的に安全と言われていても、事故を起こすケースは世の中いくらでもあります。

たとえば新たな変異ウイルスが出てきて、それに対してワクチンが過剰な反応を起こし、免疫暴走(サイトカインストーム)を起こす可能性だって否定できません。

そうなると、ワクチンを打った人だけが外出できなくなります。

そういう「未知のリスク」と「コロナにかかるリスク」を天秤にかけると、ワクチンを打つリスクの方が大きい。

僕は40代なのでコロナによる死亡リスクはさほどありませんから、ワクチンを打つ方が割に合わないのです。

 

こういうリスクを考えずに、若者や子供にワクチンを打たせようとする人は、鬼畜としか思えないです。

「オレがかかりたくないから、お前もワクチンを打て。あとでどうなっても知らないけどな」って、悪魔ですか。

自分の子供にさえもワクチンを打たせようとする大人がいるというのが恐ろしい。

それにワクチンの効果っていつまで続くかまだ分からないのだから、少なくとも夏に打つよりは冬に打つ方が、流行期の対策にはなります。

 

ま、僕もワクチンパスポートができて、ワクチンを打った人しか海外旅行できない世の中になったら打ちますよ。

ワクチンを打つリスクよりも、打つメリットの方が上回るから。

海外旅行好きの僕としては、自分の身体の安全よりも海外に行けることの方が価値が高いのです。

そんな世の中になったときは、しかたなく打ちますけどね。

 

このように、価値観は人によって違います。大事なものは人によって違う。

コロナに対するリスクの見積り方も人それぞれ。年代によっても相当な差があるでしょう。

自分の身体の安全だけを重視する人もいれば、危険を冒しても人生を謳歌したい人もいます。

死ぬのだけは絶対に嫌な人もいれば、納得できれば死んでもかまわない人もいます。

このように価値観は人によって違うのに、ワクチンだけは全員受け入れなきゃいけないなんて、絶対におかしい。

 

ましてや価値観の多様性を声高に叫んでる人が「ワクチンを打て」なんて言わないでもらいたい。

普段はタイバーシティとかジェンダーフリーとか偉そうに言ってるのに、ワクチンだけは全体主義を押し付けてくるなんて、二枚舌としか思えません。

オリンピックの「応援しないやつは非国民」も、マスク全体主義も、ワクチン絶対主義も、すべてにつながる話です。

「価値観の多様性」と言いながら、逆のことをやってるから欺瞞的なのです。

 

まとめ

こうやってコロナについてブログに書いたところで、僕には何の得にもならないんですけどね。

コロナについては言いたいことが多くて、吐き出しておかないとストレスがたまるのです。

僕は2020年4月の記事で「医師会だってポジショントークかもしれませんよ」と書きました。

あの頃は「お医者様のトップが言ってるのだから間違いない」とみんな盲目的に信じていました。

でも医師会が自分たちの利益しか考えてないというのは、もうバレてきましたよね。

サンデー
あの頃すでに見抜いていた自分に拍手を送ってやりたい

以前に書いた記事は、まったく手を加えずに残してあります。

アップした日付を見て、その頃の世の中の空気を思い出してみてください。

どれだけ僕が世論に反することを言ってきたかが分かるでしょう(笑)。

そしてだんだんとこういう意見が増えてきたのも分かると思います。

今読んでも納得できる部分が多いかと思うので、↓よかったら読んでみてください。

新型コロナ
コロナ騒動は「ウイルスの感染」ではなく「不安の感染」だと思う

新型コロナウイルスの騒動が収まる気配を見せませんよね。 緊急事態宣言で外出ができない中、テレビもネットもコロナ一色でうんざりした気持ちになってきます。 毎日コロナのニュースに触れているわけですが、いろ ...

続きを見る

コロナ
コロナは恐怖のウイルスではない 人間が生み出した壮大な茶番劇

8月に入り、お盆になっても相変わらず世間は「コロナ、コロナ」の一色ですよね。 正直なところ、このクソ暑い中でみんながマスクしてるのを見ると、「みんな頭がおかしくなってしまったんじゃないかな?」とさえ思 ...

続きを見る

コロナに慣れる
コロナには慣れてもいい「命より大事なものがある」

今年も残すところあとわずかですが、今年は本当にコロナで1年が過ぎてしまいましたよね。 最近はまた感染者が増えてきて、「第3波だー!」「自粛しろー!」という声が大きくなってきました。 欧米と比べると感染 ...

続きを見る

それにしても、オリンピックが開催されて世の中の空気がどう変わるのか見ものですね。

どうせみんなバカみたいに騒ぐんでしょうね。自分の主張も忘れて。

僕はそんな人たちを冷ややかに見ておきます。

スポンサーリンク

 

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!

-生活の知恵

Copyright© おとちえ , 2021 All Rights Reserved.