生活の知恵

コロナは恐怖のウイルスではない 人間が生み出した壮大な茶番劇

コロナ

8月に入り、お盆になっても相変わらず世間は「コロナ、コロナ」の一色ですよね。

正直なところ、このクソ暑い中でみんながマスクしてるのを見ると、「みんな頭がおかしくなってしまったんじゃないかな?」とさえ思えてきます。

連日のようにテレビは第2波のニュースで不安を煽っています。

でも、そろそろマスコミのおかしさに気づいてきた人もいるんじゃないでしょうか。

だんだんと社会の意見は二分されるようになってきました。

  1. 「感染を広めるな」「自粛しろ」「PCR検査増やして感染者は隔離」の生命重視派
  2. 「ある程度の感染はしかたない」「死者が増えなければよい」「経済回せ」の経済重視派

ま、経済重視派という名称は「命より金か!」と批判されそうで不本意ですが、分かりやすくするためにそうしました。

実際は「ウイルスで死ぬ命」と「経済で死ぬ命」のどちらを取るかという話なんですけどね。

 

僕は経済重視派の方ですが、別に経済を心配してるわけではなく、生命重視派の意見がおかしすぎると感じてる一人です。

コロナについて自分で調べれば調べるほど、これは恐怖のウイルスでも何でもないというのが確信に変わってきました。

僕は4月の時点で↓「コロナは怖くない」と書いてました。

新型コロナ
コロナ騒動は「ウイルスの感染」ではなく「不安の感染」だと思う

新型コロナウイルスの騒動が収まる気配を見せませんよね。 緊急事態宣言で外出ができない中、テレビもネットもコロナ一色でうんざりした気持ちになってきます。 毎日コロナのニュースに触れているわけですが、いろ ...

続きを見る

要約するとこんな感じ。

ポイント

  • コロナは恐怖のウイルスではない
  • ウイルスではなく不安が感染している
  • 大ごとにして社会がパニックになってるだけ
  • 過剰な対策(隔離など)が医療資源を圧迫して医療崩壊につながっている
  • 自粛してもウイルスはなくならない
  • マスコミに不安を煽られた人々が余計に社会を悪くしてる
  • 指定感染症から外して「不安を感じない方向」に舵を切るべき

これを4月の緊急事態宣言の真っ只中で書いたわけですよ。すごくないですか?

あの誰もが「ステイホームこそが正義」と疑わなかった中で書いたんだから、どれだけアウトローなんだよって思いますね(笑)。

サンデー
人に合わせられない性分なのよ…

僕の考えはこの頃からまったく変わっていません。

ようやく最近になって同じような意見がマスコミでも扱われだしましたが、まだまだ世間では生命重視派の意見が多数のようですね。

でも自分の頭で考えると、やっぱりコロナ騒動はウイルスが巻き起こしたのではなく、人々の不安が巻き起こしたものだと思うんです。

だから「怖い!」と恐れるのではなく、「怖くない!」という認識をもっと持とうと。

はっきり言いますが、早く指定感染症から外して(2類から5類へ、インフルエンザと同格へ変更)日常に戻した方がいいと思います。

なので、ここらで現時点での僕の見解を改めて書いておきたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

コロナは壮大な茶番劇

僕にはこのコロナ騒動は、人間が起こした壮大な茶番劇だと思います。

東京の感染者が1日で300人・400人と増えて「第2波だ、第2波だ」と騒いでますが、データを見ればちっとも第2波ではありません。

インフルエンザの感染者が年間1000万人だから、コロナでも同じぐらい出てくれないと「流行」とは言えないのに、実態はというと・・・

ポイント

  • インフルエンザの年間感染者数・・・約1000万人
  • コロナの年間感染者数(8月時点)・・・約5万人

まだまだインフルエンザの足元にも及びませんねw

これでは第2波どころか、第1波すら来てなかったと言っていいでしょう。つまり、緊急事態宣言はしなくても別によかった。

 

全国のPCR検査数とPCR陽性者数を見てください。

第2波と呼ばれる今、感染者が増えたように見えるのは、PCR検査が増えたことによるものだと分かります。

PCR検査数とPCR陽性者数

出展:新型コロナ、「2週間後」予測はなぜハズレるのか

下の小っちゃい山が陽性者です。

これだけ検査しても、陽性者はほんのちょっとしか発見されてません。少なっ!

この小っちゃい山を取り上げて、マスコミは恐怖を煽ってるんですね。

そりゃこんだけ検査してたら、陽性者はあぶり出されるしょうよ。

4月では「37.5度以上の発熱が4日以上」でCTで肺炎の疑いがないと、PCR検査を受けられませんでした。

でも今ではピンピンしてる歌舞伎町のホストも、感染者と接触しただけの無症状者もみんな検査してます。

 

ていうか「感染者、感染者」っていうけど、正確には「PCR検査陽性者」ですからね。

コロナウイルスを体に宿してるというだけで、発症してない人も陽性者になるわけです。

PCR検査では、体に宿すウイルスが多ければ陽性になりますが、少なければ陰性になります。

だから陽性の人でも30%は陰性と判定されてしまいます(偽陰性)。

 

これだけあやふやな検査だから、実際はコロナウイルスを宿してる人は街中にゴロゴロいると思うんですよ。

単にウイルス量が少ないだけ。免疫で抑制されてるだけ。発症してないだけ。病院行ってないだけ。検査を受けてないだけ。

そんなどこにもいるウイルスを無理やり見つけだすのがPCR検査です。

無理やり見つけ出しては、陽性者の烙印を押して隔離していく・・・

まさにナチスがユダヤ人を強制収容所に送り込むかのようですね。。

 

そもそも人間は体の中に数えきれないほどのウイルスを宿しています。

発見されているものはわずかで、多くは人類が解明していないものです。

感染しても無症状のままだったり、勝手に抗体がやっつけてくれていたり、たまに発症して熱が出たりしますが、ウイルスを持ってるのはごく普通のことです。

インフルエンザですら「無症状者がいて他人に感染させている」という説もあります(説はあっても立証はできません。そもそも無症状だと病院に行きませんからw)。

そんな「よく分からないもの」を「分かった気になりたい」というのは、人間の傲慢だと思いませんか?

たかだか安心を得るためだったら、お守りでも持っておきゃいいんですよ。

安心を得たいがために、違う悲劇を生み出してるのに気づきましょう。

 

僕はコロナ騒動って、こんな流れでパニックになってるだけだと思うんです。

パニックが増幅する流れ

  1. ウイルスが怖いから感染者を見つけ出したい
  2. 検査を増やして陽性者をほじくり出す
  3. 陽性者に接触した人はすべて検査!
  4. 見つけた陽性者は入院・隔離!
  5. 医療現場がひっ迫して医療崩壊の危機
  6. 医療現場がヤバイ、やっぱりコロナは怖いんだ
  7. 怖いからもっと検査しろー(で、2に戻る)

こんな感じで永久ループですw

自分たちの不安心理が医療崩壊を引き起こしてるんですね。

だったら1の「ウイルスが怖いから感染者を見つけたい」という人間の心理を直しませんか?

コロナの死亡者はインフルエンザよりはるかに少ないです。少なくともエボラやSARS・MERSのような強毒性はありません。

そんなありふれたものに怯えて社会を閉じてしまうなんて、茶番劇以外の何物でもないと思うんです。もうやめようよ、この茶番劇・・・。

 

コロナは恐怖のウイルスではない

「コロナは怖くない」と言うとコロナ脳の人から猛攻撃を食らいますが、データを見ればコロナが弱っちいのは明らかです。

7月の全国のコロナの死亡者は37人。8月になって少し増えてますが、それでも1日5人ほどです。

コロナ死亡者数

出展:新型コロナウイルス国内感染の状況 | 東洋経済

確か6月から陽性者が増えだして、メディアは「2週間後には死亡者が急増するぞ!」と言ってましたよね。

でも一向に増えませんねぇ。もう2ヶ月たったのに・・・。

ちなみに平成30年の肺炎による死亡者は9万4654人です。1日あたり259人亡くなっています。

ポイント

  • 肺炎の死亡者・・・1日259人
  • コロナの死亡者・・・1日5人

コロナによる死は、肺炎の50分の1に過ぎません。 

どう考えても、肺炎になる他の原因(肺炎球菌や誤嚥性肺炎)の方が怖いでしょう。

 

こう言うと「コロナは無症状者が高齢者にうつすから怖いんだよ!」と反論があるでしょう。

でも肺炎球菌は乳幼児の20~50%が持っていて、無症状のまま高齢者にうつして死に至らすこともあります(出展:気をつけて、肺炎球菌による肺炎 | MSD)。

だからといって、乳幼児が攻められることはないですよね。乳幼児がおじいちゃんに会うのを禁止されたりもしません。

「おじいちゃんは寿命だったね」とみんなが納得して終わりです。だーれも感染させたことを意識してない。

コロナは意識してるから過剰反応してるだけで、数ある死因の一つに過ぎません。

なのに、「他の病気で死ぬのはしかたない、でもコロナで死ぬのは許せない」というのは支離滅裂だと思いませんか?

 

病気以外にも怖いものはありますよ。

コロナの死亡者は年間で1000人ちょっとですが、交通事故や転倒ではもっとたくさんの人が亡くなっています。

年間死亡者数

  • 交通事故・・・4,596人
  • 転倒・転落・墜落・・・9,645人
  • 溺死・溺水・・・8,013人

厚生労働省 平成30年死亡数・死亡率

おお、怖い怖い! こりゃあ車に乗るのも、階段を使うのも、お風呂に入るのも禁止ですね。

 

僕はやっぱりコロナで亡くなるのは寿命なんだと思います。

日本人の平均寿命は女性が87.45歳、男性が81.41歳(2019年)。

コロナでも80代以上の死亡率が高いだけで、60代だと死亡率は4%、50代だと0.8%まで下がります。

80代のお年寄りが病気で亡くなってるだけなんだから、それは「寿命」と言っていいんじゃないでしょうか。

つまり、コロナは数ある病気の中の一つに過ぎないんですよ。

これを許せないというのなら、もはや不老不死を望んでるのと同じだと思います。

 

ワクチンは必要ない(役に立たない)と思う

僕はこういう弱毒性のウイルスには、ワクチンは必要ないと思います。

必要ないというか、役に立たない。

まず、なぜコロナが日本では弱毒なのかについては、こんな説があります。

コロナウイルスが弱い原因

  1. 過去の多くの疫病により免疫が強化されている(自然免疫)
  2. すでに似たウイルスに感染していて免疫を持っている(交差免疫)
  3. BCG仮説(これも交差免疫の一種)
  4. 生活習慣によるもの
  5. 遺伝によるもの
  6. 季節要因
  7. ウイルスが弱毒化している

僕はこの中で1「自然免疫」と2「交差免疫」が大きいと考えています。

「自然免疫」「交差免疫」とは、ワクチンや感染してでできる「獲得免疫」と違って、人間が本来持っている自然な免疫作用なんですね。

で、コロナは自然免疫でやっつけれてしまってる可能性が非常に高い。

つまり、風邪と同じように人間の自然な免疫作用でなんとかなってるわけです。

 

じゃあ、こんな弱毒なウイルスに対抗するワクチンってどんなものだと思います?

獲得免疫がいらないウイルスに対するワクチン。それって風邪にかからないワクチンと同じじゃないでしょうか。

風邪は今でも治療薬がなく、治すには人間の免疫に頼るしかありません。かぜ薬は熱を下げたり咳を止めたりするだけの対症療法です。

そんな風邪の治療薬ができたらノーベル賞ものと言われています。

だからコロナのワクチンも、完璧なものができるはずがない。せいぜい発症を3~4割抑えるのが関の山じゃないでしょうか。

だからワクチンに過度な期待をしない方がいいと思います。

 

それに、こんなに急ごしらえで作ったワクチンを接種するのは、副作用のリスクの方が怖いです。

これだけ開発競争をしていれば、さまざまな利権が交錯してるでしょうし、第二の薬害エイズになることも否めません。

 

そもそもワクチンができたところで、最初はみんな打っても2年目には忘れてると思います。

2009年に新型インフルエンザが流行って大騒ぎになったけど、そのときの新型ウイルスはなくなっていません。今も毎年猛威を振るっています。

そんなインフルエンザで毎年1万人が死ぬというのに、ワクチンの接種率は32.6%です。

あれだけ大騒ぎしたのに、みんな打ってないんです!

結局人は忘れていく生き物なんです。このコロナの恐怖も、いずれ過去のものとして忘れていきます。

だったらもう「これがワクチンですよ」と偽って、栄養剤でも打っておけばいいんじゃないですかね?

その方がみんな安心して、この騒動は収束すると思います。

スポンサーリンク

 

 

日本人の民度の低さとシルバー民主主義

コロナでは言いたいことがたくさんあるので、まだ続きます。すみません、長くて。。

ここからは社会的な話に移ります。

麻生大臣が諸外国から「なぜ日本は何の対策も打ってないのにコロナを抑えられてるのか?」と聴かれたときに「日本人は民度が違う」と言ったそうです。

いやいやいやいや。

僕から言わせると、日本人の民度は低すぎます。リテラシーが低すぎる。

マスコミに煽られ、自分で考えることもできず、圧力に屈して閉じこもる。

世間の空気に流され、感覚で人を差別し、合理的な判断ができない。

「たたりじゃー」と迷信を信じて火をつける古代の村人と同じです。

 

テレビばかり見てる人が迷信を真に受けてるだけなんですよ。

で、この「テレビばかり見てる人たち」ってのが、圧倒的に高齢者なんですよね。

自分で調べれば「コロナはそれほど怖くない」ってのは分かるんですが、高齢者はテレビばかり見て洗脳されている。

そういう洗脳された高齢者が「怖いからもっと自粛しろ!」と騒ぎ、多数派なもんだから声が大きくなるわけです。

マスコミも視聴率が欲しいから高齢者向けの意見を言い、高齢者の声が世論として形成されます。

結果、高齢者好みの政策ばかりが行われるシルバー民主主義の国になってるんです。

そして街を出歩く若者は叩かれるんですね。

 

選挙に響くから、都道府県の知事は多数派である高齢者の意見をくみ取ります。

「感染対策に前向きな知事、後ろ向きな政府」という構図はこうして作られます。

たとえば岐阜県が第2波で県独自の「非常事態宣言」を出しました。

でも岐阜県は5/14以降、1人も死亡者が出ていません。

累計でもたった7人ですよ。いったいこれのどこが非常事態なの??

岐阜県のコロナ死亡者数

まぁ、数字の読めない一部の住民がクレームを入れたんでしょう。

これで知事が「うちの県には来ないでください」と言ったりして、観光業や飲食業は大打撃を受けます。

若者は働くことができず、収入が減ります。

すると税収が減り、自分たちの首を絞めることになるのを分かってるんでしょうか?

自分たちの街が衰退していっても、自分の行いの結果だから文句言えませんよ。

 

それでもこういう人たちは、「知事が悪いんだー!」「国が悪いんだ―!」と叫ぶんでしょうね。

「上が何とかしろー!」「補償しろー!」「安心させろー!」って。

駄々っ子かよ。

僕は国や政府の肩を持つ気は毛頭ありませんが、何でもかんでも上のせいにする国民には違和感を覚えます。

感染症にどういうスタンスを取るかは、個人が判断するしかないでしょう。

国に基準を示してもらわなくても、自分で判断すればいい。

帰省するのも、マスクをつけるのも、店を開けるのも、自粛するのも、個人が個人の事情に合わせて判断すればいいんです。

それを一律に「国が基準を示せ」というのは、「僕たちは自分で考えることができないんだ。どうすればいいか教えてよ!」と言ってる子供と同じに見えます。

 

たとえば警察官に「赤信号は渡っていいですか?」と聞くと「渡ってはいけない」と答えるでしょう?

でも、場合によっては自分の判断で赤信号も渡るじゃないですか。それと同じ。

専門家に「マスクをつけた方がいいですか?」と聞けば「つけた方がいい」と言うに決まってる。

でも個人の判断で外したらいいじゃないですか。自分の頭で考えましょうよ。

 

結局日本は「個人」が育っていないんですね。

上の決定には従うけど上の文句ばかり言う「子供たちの国」なんです。

ちっとも民度は高くありません。

 

大人の責任回避に振り回される子供たち

僕は保育園に子供を通わせてますが、マスクをつけさせられてる子供を見ると本当にかわいそうだなと思います。

うちの子は2歳だからマスクはしてませんが、3歳以上はマスク着用が義務。

いやいや、子供にマスクはいらないでしょ。。

下のグラフのように10代以下の感染者は極端に少ないですし、死亡者にいたっては0人です。

見てよこれ。子供は誰も死んでないんだってば!

年齢別の陽性者数

これを見ても「子供が感染しないか不安」と言ってマスクをつけさせる親は、頭が悪すぎるか狂ってるとしか思えません。

ま、たいていの親はそれは理解してると思いますが、それでも「感染したら他の人に迷惑がかかる」と多くの親は思っています。

感染者が出たら保育園は閉鎖されて子供を預けられなくなりますから。そしたらすべての親に迷惑がかかる。

さらに職員は全員検査でしょ。接触した子供も検査。親も検査。

そして陽性になったら隔離。親の接触者も陽性なら隔離。その接触者も陽性なら隔離。その接触者も・・・

って、どれだけ広がるねん!!!

 

そもそも園児にPCR検査したら陽性者はわんさかいるはずなんですよ。陽性者って、単なるウイルスの保菌者だから。

保菌者が風邪による熱を出したとしても、PCR検査して陽性ならコロナ感染者になってしまいます。

そして1人が陽性になったら関係者全員PCR検査させられ、陽性者をほじくり出されます。

陽性者が何人かいたらクラスター認定。園は閉鎖。

熱を出しただけでこんな大ごとになるんですよ。これじゃあ熱も出せない。

 

そうやって迷惑がかかるのが嫌だから、親も保育園も「子供にマスクをつけさせよう」という発想になる。

責任を取りたくないから。迷惑かけたくないから。自分が最初の1人になるのが嫌だから。

そして犠牲になるのは子供たちです。

この暑い中マスクをつけさせられ、プールも中止、夏の行事も中止。

高校野球が中止になりましたが、これって野球選手になるはずだった子供の人生をぶっ壊してることですからね。

あまりにも大人たちの行為は罪深いです。

 

AERAの「教育現場を翻弄する『新しい生活様式』」という記事の中で、「しゃべるな、くっつくな」と言い続けなければならない教師たちの苦悩が紹介されていました。

自分が納得できないことを児童に指導しなければいけない教職員のジレンマがつづられています。

海外からの帰国児童に「校庭で遊ぶのにマスクの意味ある?」と聞かれ、答えに窮した。

「先生もそう思う。でも、『どんな時もマスク』が暗黙の了解で、みんな従うのが日本なんだよね」

合理性より同調圧力。それを仕方のないことだと説明する自分に矛盾を感じた。

AERA 7月20日号「消毒が奪う授業準備の時間」

これを見ると僕は、「こんな日本にして申し訳ない・・・」と本当に思います。

「大人たちが臆病で申し訳ない」「責任回避する大人ばかりで申し訳ない」

 

本来なら政府が「学校に感染対策は必要ない。これは政治判断。責任はすべて私がとる!」と言わなきゃいけないんだと思います。

なのに「専門家のみなさんの意見を踏まえて検討を・・・」としか言わない。

これって責任を取りたくないから、専門家への責任を押し付けてるだけですよね。

で、専門家も責任を取りたくないから「感染対策を徹底してください」としか言わない。

その結果が「どんなときもマスク」「しゃべるな、くっつくな」「行事はすべて中止」。

子供たち、こんな日本で本当にごめんよー。

同調圧力と責任回避社会の日本。大人の臆病さと責任回避がどれだけ子供たちを苦しめているか、大人はちゃんと認識した方がいいです。

 

まとめ

というわけで「コロナはそれほど怖くない」というのが僕の結論です。

コロナはパンデミックではなくインフォデミック(情報の感染)です。

情報に洗脳され、みんなコロナ脳になっているだけ。

だから「感染は怖い」「感染させるな」ではなく、「感染は怖くない」「感染してもいい」という「今とは逆向きの啓蒙」が必要だと思います。

これは4月時点でも言っていました。よければ前の記事も読んでみてください。

新型コロナ
コロナ騒動は「ウイルスの感染」ではなく「不安の感染」だと思う

新型コロナウイルスの騒動が収まる気配を見せませんよね。 緊急事態宣言で外出ができない中、テレビもネットもコロナ一色でうんざりした気持ちになってきます。 毎日コロナのニュースに触れているわけですが、いろ ...

続きを見る

そして指定感染症から外してインフルエンザと同等の扱いにすること(2類から5類へ変更)。

ほんと、これをやってほしい。

隔離や消毒といった過度な対策はもうやめようよ。医療現場や教育現場に負担をかけるだけです。

ちゃんと知識を得て恐怖心を消し去り、「コロナは日常的にあるもの」と理解することが大事。

あれだけ大騒ぎした新型インフルエンザだって、今じゃ恐怖を感じる人は全くいないでしょ。

コロナだって、どうせみんな忘れていくんだから。

 

マスクを「善人の象徴」みたいに扱うのもやめましょう。

ウイルスはマスクの網目よりはるかに小さいし、感染予防効果は非常に弱いというのが定説です。

そんな不確かなものを無理強いするなんて、パワーの出る壺を押し付けてるようなもんです。

「みんな壺を持ってるんだから、お前も壺を持てー!」って、むしろ「同調圧力の象徴」だと思うんですよね。

感染対策なら各自が自分の責任で手洗いやうがいをするだけで十分です。

 

長々と語ってしまいました。熱くなったので語気がキツくなったかもしれません。

もちろん僕は専門家ではないので学術的な見地から書いたものではありません。

でもいろいろな情報を見て「この騒動はおかしい」と思ってるので、総合的な判断として書いてみました。

やっぱり早くこの茶番劇が終わって日常に戻って欲しいですもん。

そのためには人と違う意見を発する勇気も必要だと思うんですよね。

サンデー
もっといろんな意見が発信できる空気になってほしい

1人の素人の意見ですが、読んでいただきありがとうございました。

少しでも共感いただいて、世論が良い方向に進む一助になれたらうれしいです。

スポンサーリンク

 

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!

-生活の知恵

Copyright© おとちえ , 2020 All Rights Reserved.